勉強中に音楽を聴くことの効果について

音楽を聴きながら勉強していませんか?
好きなアーティストの曲を流しながら勉強は

集中して勉強も捗る!

そのように感じたこともあるのではないでしょうか?

今回は

  • 勉強中に聞く音楽には効果があるのか?
  • どのような音楽を勉強中に聴くのがよいのか?

を説明していきます。

スポンサーリンク

勉強中に音楽を聴くのは効果があるのか?

自分も高校生の頃、よく音楽を聞きながら勉強していました。

好きなアーティストの曲や流行っている曲など、なんだか気分もポジティブになり勉強もどんどん進むと感じました。

周りにも音楽を聞きながら勉強をしている友人も多くいましたし、現在でもカフェなどに行くと高校生や大学生がイヤホンを耳に勉強している姿をよく見かけたりします。

みなさんも音楽を聴きながら勉強をしている、もしくはした経験があるのではないでしょうか?

勉強中の音楽は勉強効率あげる!

と思っていませんか?

勉強中の音楽の効果について

では、勉強中の音楽の効果についてです。

結論から述べると

勉強中の音楽は邪魔でしかない

です。
確かに、好きな曲などを聴くことで気分が前向きになったりします。

しかし、それを勉強の効率があがったと勘違いしてしまうのです。
実際に、自分自身も音楽を聴きながら勉強をしていた頃は、学習内容が身についていませんでした。

みなさんも

勉強はなんだかはかどったけど、全然成果に現れない

そのような経験があるのではないでしょうか?

では、なぜ勉強中の音楽は効果が無いのでしょうか?

勉強中のBGMがダメな理由

なぜ、勉強中のBGMがダメなのかについてです。

人間は目の前の作業と関係のない音が耳に入ると、そちらに注意がいきます

すると、耳に入ってくる曲と目の前の学習内容との2つの情報を脳は同時に処理する必要が出てきてしまいます

これにより、脳に負担がかかってしまうというわけです。

歌詞のあるものは余計にダメです。
気づいたら頭の中で歌詞を追っていたなんてことありませんか?
そちらに気がそれてしまい効率が下がってしまいます。

歌詞がなければよいのでは?

と思うかもしれませんが、クラシックなども気づいたら主旋律を追ってしまう、といったことがあるので避けたほうがよいです。

環境音も勉強の効率を下げる。

勉強中のBGMはダメということですが、環境音はどうでしょう?

周りの話し声や物音など、これらの環境音も勉強の邪魔になってしまいます。

  • 周りの話し声に気を取られた。
  • 店内のBGMが気になった。

など、注意が勉強からそれてしまった経験があるのではないでしょうか?

図書館のような静かな場所でちょっとした物音が気になったりしませんか?
そして、自分もなんだか音を立ててはいけないんじゃないかと、ペンケースのジッパーを開くのにも慎重になったり…

これらの音もシャットアウトするのが、勉強効率を上げるのには必要になります。

勉強中は無音がベスト

やはり、勉強中は無音が一番良いです。
目の前の学習内容に集中するためです。

耳栓などで周りの音をシャットアウトするとよりよいでしょう。
100均などで耳栓は簡単に購入できるので、一度試してみるのもありかと思います。

中にはワイヤレスのイヤホンを耳栓代わりにする人もいるようです。

ぼくも試たことがありますが、目の前の内容に集中できました。

スポンサーリンク

勉強中の効果のある音楽の使い方

勉強中は無音一番ということでしたが、それでも音楽を聴いたほうがはかどると思う人もいるかもしれません。

そこで、効果のある音楽の使い方です。
また、どのような音楽を聴くのが良いのかも説明します。

勉強前、休憩中に音楽を聴く

勉強中に音楽を聴くのは邪魔になるということは、先程説明しましたが

勉強を開始する前に音楽を聴く
これはOKです。
どんな曲でも構いません。
好きな曲を聴くことで前向きな気持ちで勉強に取り組むことができます。

また、

休憩中に聴く
のももちろんOKです。
リラックスする効果もあります。

勉強中の音楽で効果があるもの

勉強中に無音だと逆に集中できない

という人は

風の音や鳥の声など自然の音

を流してみても良いでしょう。

このような自然の音は注意力が上がるという研究結果もあるそうです。

無音に耐えられないという人は試してもよいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

では、今回のまとめです。

  • 勉強中は無音または自然の音を流す
  • 勉強前、休憩中の音楽はOK

です。
効率的に勉強をして成果を出していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました